山口のり子さんの研修会に参加して

b0154492_11131457.jpg

まず第一声、

「被害者支援をするために加害者の事を知る必要がある。
被害者は、加害者が何が目的でなにをしたいかを見抜く
必要がある」

という言葉に、実績に裏付けられている確信と説得力をか
んじました。

力の支配・暴力容認・ジェンダーバイアスなどの間違った
価値感を持っている加害者は、現在している事は当たり前、
犯罪という意識を持っていないという事、

そして選択理論心理学でも外的コントロールと言われる考
え方、自分は正しい・相手は間違っている・相手を正すの
は私の役目だという考え方が、DVの芽になっている事に
気付かされました。

被害者がコントロールから逃れて、正しく自分を表現してい
く能力を身につけていく事、そして直ぐには大きな効果が出
ないとしても、暴力を拒否するアウェアのような活動があると
社会にメッセージをおくり続けて、加害者だけでなく被害者に
も教育をしていく事がDVを防ぐ事に繋がっていくのだとおもい
ました。

多くの学びを感謝です。

(優子さんより)

----------------------------------------------------

たくさんの学びがあり目からうろこ状態でした。大感謝です。

皆様ご協力ありがとうございました。

(遊子さんより)

----------------------------------------------------

先日はとても貴重な講座を有難うございました 何度も機会
の有る度に受けたいと思います。

又機会がありましたら ステップでもお話しを頂けたらと楽し
みにしております。

(かずえさんより)

----------------------------------------------------
b0154492_115285.jpg

by npo-step | 2008-12-02 11:13 |   スタッフの声