DV・ストーカー関連の講演会をJR橋本駅近くで開催します。

DV防止イベントの一環として、ソレイユ相模主催で講演会を開催することになりました。
場所は、JR横浜線・相模線、京王相模原線、橋本駅近くです。
内容は始めに、ノルウェーアニメーション映画「アングリーマン」「パパ、ママをぶたないで」を上映、
続いてDV被害者の体験談談を伺った後、
DVが与える子供への影響、DVからの回復、解決策を解り易く講演致します。
DVやストーカー関係で悩んでおられる方、関心が有る方は是非おいで下さい。無料です。

 開催日 2017年11月12日 午前10時~12時
 場 所 ソレイユ相模 セミナールーム2
      相模原市緑区橋本6-2-1 シティ・プラザはしもと(イオン橋本店6階)
      JR横浜線・相模線、京王相模原線、橋本駅前
 講 師 NPO法人 女性・人権支援センターステップ、理事長 栗原加代美
 主 催 相模原市立男女共同参画推進センター(ソレイユ相模)
 参加費 無料です
 定 員 30名
 申込・問合わせ 電話 042-775-1775 FAX 042-775-1776


b0154492_22045877.jpg

b0154492_22044335.jpg

by npo-step | 2017-10-29 22:11 |  これからの活動予定

10月21日、インターネットニュースメディア「弁護士ドットコム ニュース」に
「ストーカー加害者を変えなければ、被害は減らせない」支援団体が語る更生のあり方 
と題した、ステップの活動内容が紹介されました。
以下、記事の導入部分と項目を紹介します。

「ストーカー加害者を変えなければ、被害は減らせない」支援団体が語る更生のあり方

ストーカーによる殺人、殺人未遂事件の被害が止まない。2016年、全国の警察が把握したストーカー事案の相談件数は2万2737件。摘発件数は2605件にのぼり、過去最多を更新した。芸能活動を行っていた女子大生をファンが刺傷した「小金井ストーカー事件(2016年)」など凶悪事件も発生し、最悪の事態に発展する前に、警察へ相談をする意識が高まっていることも件数の増加の背景にはありそうだ。

ストーカー被害を繰り返さないために、何が必要なのか。ストーカーやDV問題に悩む女性たちを支援するとともに、加害者の更生プログラムにも取り組む「NPO法人 女性・人権支援センター ステップ」の栗原加代美理事長に話を聞いた。
 (ライター・貳方勝太)

●「加害者を変えない限り、被害者は逃げ続けるしかない」
●「社会問題の犠牲者が、社会問題を再生産する」
●ストーカー加害者は更生することができる?
●更生プログラムを見学して


掲載記事全文は以下URLから見る事が出来ます。
https://www.bengo4.com/c_1009/n_6806/

b0154492_15231813.jpg



by npo-step | 2017-10-21 15:11 |  これまでの活動