M・Kさん一家は海外に住んでおりましたが、DVが原因で別居となり、ステップのDV加害者更生プログラムを学ぶため一時帰国。その後はスカイプを用いて継続的に学び、再帰国後は更にステップで計52回学び続けた後、参加者の皆様の前で体験談を語りました。その内容を後日手記として頂きましたのでので、原文のままご紹介します。

私のしてきたDVは、奥さんの人格をじわじわと蝕んで奥さんに自分自身に価値がない、私は大切にされなくて良い存在なんだと味わわせるようにして生きる活力を失わせて、自分の思い通りに動かなければ価値ないよという思いにさせ、コントロールするという行為でした。

家族なのに奥さんのことを全く大切にしない、ぞんざいに扱って良い相手だとして接していました。
また、奥さんと激しく口論になり、取っ組み合いになった時に相手を突き飛ばしたり、子供と奥さんの目の前で物にあたって、車の鍵を地面に叩きつけたり、ハンガーを床に叩き付けて、壊したりフィジカルの暴力もしてきました。
これら全てのDV行為は自らが選択して行った行為だと、ステップで学び、私がなぜDV行為をするようになったのか、その原因を突き止めようと模索していきました。

私の場合はその原因は両親が多大な影響を与えているということが分かってきました。
「毒になる親」という本を読み、私の両親は性的虐待という以外ほぼ全て当てはまっていたのです。
小学校3年生の時に転校をして、毎日鉛筆を折られるようないじめを受けて最終的に親のお金を盗んで友達にそのお金を渡すというところまでいきました。
その状況が私の両親に伝わった後の両親の反応は、いじめられていた私の心に寄り添うのではなく、父親がそろばんで殴りかかってくるという体験をしました。そして、その後も色々あるのですが、私は両親には本質のところ逆らえず、完璧なるマザコンになっていきます。

その関係は大人になっても変わらず、奥さんへのDVとなって発展していきます。
私の両親、特に母親はから猛烈な反対を受け、奥さんとの結婚に親への罪悪感を抱いて生活していました。また、結婚後も、執拗に奥さんの至らないところとして母親から批判を聞いてきました。
私はその思考をそのまま受け継ぎ、最終的には自らも奥さんを批判するように選択していきました。そこで私は、奥さんへの批判と私への批判を一つずつメールを掘り起こしてどこが現実とずれていたのか、両親の思考回路はどうだったのか、私はどのように考えていたのか、そして正しいのは何なのか、直さなければならないところは何なのかを一つ一つしらみつぶしにしていきました。

私の両親から受けてきた歪んだ思考を理解してきた後に今度は私と私の両親が犯してきた奥さんへのDV行為を一つずつ先程と同じような目線で両親の思考回路はどうだったのか、私はどのように考えていたのか、どのような歪んだ思考回路だったのか、そして正しいのは何なのか、直さなければならないところは何なのかを向き合ってきました。
やっと自らのおかした行為に対してどんな罪深きことをしたのかを理解し、奥さんにきちんとした謝罪をして、私の両親からの脱却と奥さんはもう私の旧姓を名乗りたくない、息子にも名乗って欲しくないということで、姓も変更した上で、同居となりました。

ステップで学んだ一番の大きいことは家族が一番でどれだけ家族を大切に想えるか、どれだけ奥さんや家族の味方でいられるか、奥さんには奥さんにとって誰よりも安心できる最強のパートナーとして想ってもらえるような存在になりたいと思えるような自分に変わったことだと思います。
奥さんは「家族が一番」を実行しています。私はまだそのようになりたいと思えるようになっただけで、まだまだ完全に変われていません。今でも、奥さんと息子に一生の傷となる思いをさせて、奥さんには灰になっても良いという覚悟をさせた、奥さんの人格を奪った、一番信頼していた人から裏切られた傷を与えてしまったと理解はしているけども、この意味を本当に自分の中で理解できているのかは、今でも疑問に思う時があります。
なので、これからも変わったと○にすることはなく、何か失敗をしたのであれば、きちんとそれから逃げずに向き合って、一生然るべき変化をし続けていきます。

最後に理事長、ステップの皆さんには変化の気づきを沢山頂戴しまして、本当に感謝しております。ありがとうございます。
皆さんのおかげで、ここまで変化できてきたと思います。理事長の発信されている加害者も変化できるということを声を大にして、私も賛同したいです!!!
理事長を信じて変化を自らが求め、行動すれば、変化は必ず起きます!!!


by npo-step | 2017-05-14 23:07 |   参加者・体験談、ほか

NHK福岡局、同行紀

4月28日、NHK福岡から放送の「なるほど実感報道ドドド!」にステップの理事長が出演しましたが、マネージャーとして同行したスタッフが手記を書きましたので紹介します。

NHK福岡放送、なるほど実感放送ドドド!『だから妻を傷つけた~DV7万件 加害者の心理に迫る~』

の生出演に同行しました。

生放送の3時間前にスタジオに入り、司会者を始め、プロデューサー3人と

DVのきっかけからどういう人がDVになりやすいのか、何故DVに発展してしまうのか?など、たくさんの質問をされました。

今回は加害者に焦点を当てた放送なので、今迄例にない企画を言う事で、とても興味深くいろいろな質問が飛び交い、深く楽しい打ち合わせになりました。

リハーサルも丁寧に行い、理事長専属のプロデューサーも付きました。27歳の若い女性でしたが、緊張感を和ませるお声掛け、とても細やかな配慮もしていただき、温かな人たちに囲まれての生放送が始まりました。


ゲストの中澤ゆうこさん、バッドボーイズの清人さんも、『どんな人が加害者になるの?』から始まり、理事長が3つの傾向を話し、『もしかしたら自分もしているかもしれない、他人事とは思えない』など身近に振り返って考えたコメントをしていました。

DV加害者の心理にはどういうものがあるのか?を、DVサイクルの図で説明しながら、理事長のお伝えしたかった『人格否定されたと思う』と言う根本にある思考の所までお伝えする事ができました。

時間がなく、カットされた部分もありましたが、最後に会話は何の為にするのか?そして会話時に気を付ける事は何か?で『さ行でのあいづち』をお話しになり、皆さん、とても感心されていました。

30分の間に2本のVTRが入りましたが、地元で取材した加害者が出ていて、ステップの加害者の取材は出ませんでしたが、今回の理事長の出演は、専門家として、VTRに対して、またゲストが聞いた事に対して、答えると言う、司会者と並んでサブメインの立場での出演だったと思いました。

また、最後に更生プログラムの大切さも司会者が話されましたが、次回があれば、この話を深くしたいとプロデューサーに話し、帰りはたくさんの人たちに見送られ、NHK福岡を後にしました。

始めてTV局の人とお会いして、特に司会者の永井さんの人柄には、とても感動しました。

緊張感を解す会話、話したくなるような質問の仕方、自分の感情もとても上手に表現し、七つの良い習慣を自然に使えている感覚を受け、素晴らしい感性を持っている方とお会いできたことが、私の宝物になりました。

同行させていただき、本当に感謝です。ありがとうございました。  U・M

b0154492_10094219.jpg


by npo-step | 2017-05-02 10:02 |  これまでの活動