別居中のご夫婦が、ステップに見え、3回のプログラムに参加した後同居になりました。ご夫婦から手記を頂きましたので、妻・Aさんの手記を原文のままご紹介いたします。

結婚して11年、日常的ではないにしろ喧嘩をしたり、夫からのDVを受けていました。都度、夫は反省していましたが、ここ数か月、夫の態度はエスカレートし、話が通じなくなった事(すべて悪いのは、私であり、夫に非はない。という思考)、公共のDV相談で言われた「DVを見て育った子は、脳が傷ついてDVを繰り返す大人になる」という一言が家を出る大きなきっかけとなりました。

三歳の子供と共に、実家に身を寄せ、複数の公共機関にも相談をしましたが、「DVは治らない。」「今度、家に戻ったら、もっと酷くなる。経済DVが始まる。」「もしも治るとしたら奇跡だ。」「状況が許すのであれば、離婚を勧める。」等のアドバイスばかりでした。
私自身、「子供に将来、夫と同じ道を歩ませたくない。離婚しかない。」という気持ちで一杯でした。

家に戻って欲しい夫と、離婚したい私。お互いの気持ちが平行線を辿る中で、夫から「更生プログラムへ通う。」との連絡がありました。当時、離婚の意思が固かったので、「通うのは、いいと思う。あなたの人生にプラスになるはずだから。」という思いしかありませんでした。そんな中で、私の気持ちに変化をもたらしたのは、夫から送られてきたステップさんの毎日新聞の記事「SOS・なくせストーカー:再被害防ぐ更生プログラム 加害者8割、脱DV 暴力容認の価値観変える」というものでした。

もし、本当に夫が真剣に取り組んで治るのだとしたら…今、すぐに離婚という判断をするのは、子供にとって、私達家族にとっていい判断と言えるのだろうか、と考えるようになりました。
ただ、8割が治ると言っても、ただ単に暴力を振るわないというのでは、意味がない。“治る”の定義はいったいどういうことか、また、治らない2割の人はなぜ、治らないのか、治ったと言われる人は、本当に定着するのか…という疑問をステップさんに電話して尋ねました。
すると、考え方自体を変える事(選択理論の考え方)や、取組み等について丁寧に教えて頂きました。と同時に、同じようなプログラムを行っている他の団体にも「プログラムに参加することでDVは治るのか?」と質問をしてみましたが、具体的に数値を持って、結果を語って下さったのはステップさんだけでした。

夫のこれまでにない真剣な様子、また、加害者を非難するのではなく、改善に向けて前向きなステップさんの取り組みを一度信じてみよう。という思いに至りました。
同時に、いつの間にか「夫を思いやる、気遣う」ということから、「顔色を窺う」に変化してしまった私自身も変わる必要があると考えました。せっかく夫がいい方向に変わろうとしても、私自身が顔色を窺う事を止めない限り、また元に戻ってしまう。お互い対等にコミュニケーションを取れるようにならないと、夫婦としての関係性を健全に保てないと思ったからです。

先週カップル面談を受けました。その中で栗原先生に「あなたは夫のした事を許せますか?」と訊かれました。これまで私が受けた理不尽なDVを思い出すと、一生、許せないと思います。また、私だけでなく、DV被害者によく言われる「自分が(も)悪いから、こうなるんだ」と苦しんだり、周囲から理解を得られず苦しむといった経験は、忘れられないと思います。

しかし、夫が変わろうと真剣に取り組んでくれた事に心から感謝しています。また、夫自身が本来持っている良い面には変わりはないので、悪い事ではなく、お互いの為に、未来の為に、良い面に目を向けて行きたいです。

私が家を出てから1ヶ月半、そこから再度、同居をし始めて2週間、夫は本当に変わりました。無理をせず、彼自身の本来の良い面が全面に出ているといった印象です。
再同居を始めて、いざこざがなかった訳ではありません。しかし、以前とは違い、きちんとお互い向き合って話し合い、解決しています。

今回、私たち夫婦の事で、双方の親、私達の子供にも心配をかけました。あの時、あんな事があったけど、より幸せになれてよかったね。雨降って地、固まるだね。と安心してもらえるよう、新たな夫婦関係、家族関係を築いていきたいと思っています。そして、ゆくゆくは、子供が「お父さんとお母さんのような夫婦になりたい!」と思ってくれるような関係を築くことが、今の私の希望です。
                           妻・Aさん
by npo-step | 2015-05-15 18:04 |   参加者・体験談、ほか

 別居中のご夫婦が、ステップに見え、3回のプログラムに参加した後同居になりました。ご夫婦から手記を頂きましたので、夫・Mさんの手記を原文のままご紹介いたします。

いつものように仕事がそろそろ終わり、帰ろうと考えていた時間に妻から1通のメール。
「一緒にはいられません。しばらく(遠方の)実家に帰って頭を冷やします。」
このメールの数日前にも妻は近くの自分の実家に助けを求めて、3歳の小さい息子を連れて家を出ていったばかりだった。そしてこのメールの1週間後に妻から離婚の連絡が入った。

妻と結婚したのは10年以上前。振り返って、その結婚当初から自分はDVを行っていた。暴言は日常のように、少なからず暴力も行っていた。当時、自分の中でDVの「原因」としていたことは幾つかあるが、要因の一つは妻の片付けに関することであった。自分が期待する片付けが行えていないことに腹を立て、そしてDV行為に及んでいた。暴力の後はさすがに嫌な気持ちになり、自身のその行為に反省し、謝ることもあったが、妻が約束(※)を反故すると、妻のせいとして、DV行為を完全に止めるという考えに至るとはなかった。(※私の期待の押し付けにやむなく応じたもので、約束とは言えないと今は認識している)
3年前には子供も生まれ、それまでは耐えてくれていた妻も小さい息子の将来を考え、家を出て、私と別れようという決断に至ったのは当然の選択であった。

妻が家を出て数日間、自分のこれまでの言動を振り返った。前述の通り、反省をすることがあっても、DV行為を停止するには至っていない自分から、単純に妻に対してDVをしないと約束するだけでは妻自身が信じられないのはもちろん、自分自身としても根本の解決にならないだろうと考えた。そしてそのDV行為に手前にある「怒り」に目を向けた。短気な自分を変えるにはどうしたらいいのか、と考えた時、以前、情報番組で見た「怒りのコントロール」をビジネスとして行っている企業のことを思い出した。

ネットで検索したところ、その企業の紹介するコントロールのページで、「そもそも怒るのは他人のせいという考え方に問題がある」といった考え方が、自分の中で大きく考え方を変えるきっかけとなった。怒りは他人のせいではなく、自分のせいである、つまり自分で怒りはコントロールできる。むしろ怒りを表面に出すということは他人に自分自身をコントロールされている、という考えは、自分にとっては好ましいことではなく、そこから怒らない方法を選択することを意識しようと自身の中で決意した。これは後に知ることとなるステップの選択理論の考え方であった。

このことに気付き、少し意識して実践すると、間もなく、腹を立つという気持ちが大きく変わった。子供じみた暴力的な行為や暴言なども頭に浮かぶことがなくなった。
また妻がいないことで身の回りのことはすべて自分がやる必要が出てきたことで、妻に対して期待していたことは、時として難しいこともあったのだ、と自覚できたとともに、妻の自分に対する深い配慮と愛情も知ることが出来た。

しかし自身では変わったと言っても、その言葉だけでは、本当に定着できるのか、長年耐えてきた妻にとってはすぐには信じることはできないだろう。妻や妻の両親に信じてもらう方法はないかを考え、そこから、DVの加害者更生プログラムに通うことを考えた。幾つか更生プログラムはあったが、「加害者は治らない」といった否定的なコメントが少なくない中、「8割がDVから更生」の記事のあったこちらのステップの存在が人生の崖っぷちにいた自分を救ってくれる大きなきっかけとなった。

妻から離婚の申し出があった後も何度も電話、メールでのお願いをし、ステップのホームページや8割更生の記事を掲載した毎日新聞の記事も送った。申し出のあった10日後には、直接、妻の実家も訪れ、妻の両親に謝罪した。義父からは、「もうわかった。自分を大事にするように。」と罪を憎んで人を憎まずと感じた言葉をかけていただき、信頼してくれていた人を裏切ったことを悔い、二度とその信頼を裏切ってはならないと胆に銘じた。同時に妻にも謝罪した。顔も見たくなかったはずだが、妻はそんな自分に勇気を振り絞ってあってくれた。その翌日は息子にも会うことを許してもらえた。

そして妻が実家に帰ってからおよそ1ヶ月半後、同居を再開している。私自身にとっては二人に会えない長い期間であったが、妻の気持ちを考えると非常に短い期間での再開である。一度は離婚を考えたことで、妻の両親も早々に環境を整え始めてくれていたこともあり、その両親の説得に相当の心労を加えてしまった中での再開である。妻が戻ろうと考えてくれたきっかけの一つは、息子のことであった。息子にとって、父親のいない環境はできれば避けるべき、DVを治そうとしている自分が本当に治るのなら、それに越したことはない、そのように考えてくれたおかげだった。また私自身の言動の変化(改善)にも気づいてくれ、そんな自分を受け入れてくれた。

とはいえ、実家に帰って1週間以上、憔悴しきっていて、食べ物もあまり喉に通らなかったというから、相当譲歩をしてもらったと痛感している。いくら私自身が変わっても、妻の歩みよりがなければ今のこの関係はありえない。今現在も自分の言動改革中であるが、先日、52回のプログラムを終えた方が仰っていたが、「他人では訓練にはならない」の言葉の通り、家族が傍にいて、自分を信頼してくれるおかげで、常に強い意識を持って取り組むことができている。妻には感謝の気持ちでいっぱいである。

DVとは、自分の思うとおりにならないと駄々をこねる幼児の気持ちを持ったまま、知識も経験もそして力も蓄えた、誤った考え方を選択し、誤った行動に移した大人の犯罪行為である。120%、200%、加害者である自分に非がある。被害者である妻には1%も誤りはない。40年以上も幼児だった自分は恥ずべき存在である。今は十分それが理解できているが、その考えを今後も実践し続けていくことで、家族に自身の罪を償っていく。                   夫・ Mさん
by npo-step | 2015-05-14 16:54 |   参加者・体験談、ほか

このHPを訪問された方へ

DV加害者更生プログラムに1年間、52週通い続けた方から次のような手記を頂きました。原文のまま紹介いたします。

   タイトル: このHPを訪問された方へ
 私はDV加害者です。精神的な暴力で妻を傷付け支配していました。
そんな私が妻に三行半を突きつけられ、妻の奨めでSTEPに通い始めたのは、ちょうど1年前の5月です。それから毎週休まず通うこと52回。学び、実践し、習慣付けることで大きく変わることができました。
その経験が皆さんのお役に立てればと思いこの文章を書いています。

 思い起こせば毎日毎日、あきもせずに怒っていました。職場では理想論/正論を掲げ怒鳴り散らし、家庭では、自分の思うようにならなければ怒鳴り散らし、自分の正当性をしつこく主張する。子供の時に受けた両親からの暴力、幼少時の傷つき体験が自身の性格形成に大きく影響したと理解しています。

 DV加害者更正プログラムは、グループワーク方式で行われ、大きく分けて「学び」と「振り返り」で構成されています。「学び」では、DVとは何か、DVのパートナへの影響、怒るメカニズム、怒らない考え方、良い人間関係を形成する為の習慣等を様々な角度から繰り返し学びます。
「振り返り」では、成功/失敗体験、気付き、悩み、相談事をシェアします。「学び」「振り返り」でグループメンバーから良い影響を受け、メンバーの変化に触発され、自身も努力し変化していきました。

生まれて三十数年、私の性格の変化に一番驚いているのは自分自身です。今では、ほとんど怒りません。親子3人、本当に幸せな家庭になりました。

 「他人」は変えられません。変えられるのは、「自分自身」だけ、皆さんの努力で大きく変わることができます。
最後に、意外かも知れませんが、笑顔の絶えないグループワークだったりします。一歩踏み出す勇気を持って下さい。
                     52回の参加を終えて Y 
                            
b0154492_23414535.png

by npo-step | 2015-05-13 23:33 |   参加者・体験談、ほか

Stepさんに出逢って

ステップには、夫婦関係で悩んでおられる方々が相談に見えます。
ステップでは1年かけて関係を修復する働きを行ってますが、1回の面談で全く変わったご夫婦がおられました。1か月後ご夫婦と再会、満面の笑顔を見た時、変わったのは本物だと確信できました。奥様から手記を頂きましたので紹介いたします。

Stepさんに出逢って
主人とは結婚してから9年目、お付き合いから入れると17年になる夫婦です。
結婚前も後も1人目を妊娠するまでは普通のカップルがするような普通のケンカはあるものの仲の良い夫婦でした。

 妊娠してから、私も思わしくない体調や初めての事だらけに戸惑う事もしばしば、少しずつそれまでの夫婦の形が変わって来たのはこの辺りからだと思います。
 主人の思い通りにならないとイライラスイッチがONになり、そうなると別人のように豹変し何をしても何を話しても負の連鎖は止まらず、数々の私の言動、存在をも否定するような言葉を浴びせられ終息するには私が黙り、ビクビクしながら冷静になってくれるのを待つのみでした。

そしてその繰り返しの生活が何年も過ぎ、長女が4歳になり主人の言っている事も聞いて分かるようになってきました。それでも主人は家にいれば何かのきっかけでイライラスイッチONになり、夫の機嫌に家族が左右され家庭の歯車が完全に壊れかけていました。
そして、些細なケンカからの発展で娘の前で「お前は本当に最低な母親だな‼︎」と罵声を浴びせられたのを機に2人の子供を連れ私が家を出ました。 その時に娘に「お母さん大丈夫?もうそんなにケンカして一緒にいなくて良いよ」と言われたのもあり、このままだと娘達の精神面や将来にも悪影響を及ぼしてしまうと考え、主人にもこのまま別居、後に離婚も視野にという意思を手紙で伝えました。

そんな時にStepさんの存在を知り、最後のよりどころとして予約をしたのが出逢いの始まりでした。
主人には考え直してというようなメールももらっていたので2人での話し合いは無理という意思を伝え、Stepさんの住所と時間だけを告げて来るか来ないかの意志は委ねる形を取りました。当日、最寄り駅で主人から「着いたよ」という着信を取った時は何かが変わるかもしれないという希望で涙が出る程嬉しかったのを覚えています。

⚪️1回目の面談で
カップル面談でまず5つの基本的欲求に私たち夫婦を当てはめてみると見事に一致している部分が一つも無い事が分かりました。
この時にお互いに大事にしている物の優先順位が全く違う人間同士であるのが理解出来ました。今までずっと私が抱えて悩んできた夫への不信、モヤモヤしていた気持ちがこの時既に晴れ晴れしていました。こういう事だったんだ、と笑顔になりました。
価値観を変えよう、変えて‼︎ではなく、寄り添おう、理解しよう、の気持ちになるだけで2人の関係性は変わるんですよ、との先生の言葉が私達の今後を明るく照らし大きく導いて下さいました。
実際今まで夫婦関係で悩み読んだ文書や占いなど…色々手をつけました。どれも解決の糸口になるものは一つもありませんでした。
そんな私でもたった1回の面談で、夫への不満、不信、失いかけてた絆さえも払拭する事が出来ました。

⚪️その後の私たち
面談を終え、正直2人きりになり何を言われるか心配で不安にもなりました。仕事柄もあり、外面は良いので中では笑顔の主人でもドアを閉めた途端「何なの⁈」と怒られるのでなないか、そんな心配を一蹴するかのように主人から「話せてスッキリした?」と笑顔で話しかけて来てくれました。
主人が変わった、いや私がずっと一緒にいたいと思ってた頃の主人に戻ったと思った瞬間でした。そして、自分の悪かった所全てを受け入れてくれていました。帰り道、受講して同じ想いでいる事も解りました。

すぐに別居も解消し、元の日常に戻りましたがこの1ヶ月ケンカもなく穏やかな楽しいと思える日常です。以前のように主人の機嫌を常に伺い、ビクビクし、何をしてもケンカにしかならなかったのがもう嘘みたいにありません。
何より行く以前は目を合わす事も無くいつも視線は下向きで暗いイライラオーラを纏っていた主人が、あの日以来イライラが無く笑顔で気持ちが軽いし楽しいよ、と言っている主人が大きな変化で驚いています。

⚪️悩んでる方へ
最初に1人ではなく勇気を出してカップル面談にして私は良かったと思います
2人で同じ時間、内容を共有し、話し聞き進めて行く事でお互いがお互いに言えなかった部分も分かったし、それだけでも大きな前進なのに、更に奥深い所にある大事にしている本質という部分をお互いが分かり合え尊重する事が出来たのが目から鱗が落ちたという事になったのだと思います。

それまで「何でこんな人と一緒になってしまったんだろ…」とまで自分を責めていましたが、栗原先生に出逢えた今では「この主人と結婚して本当に良かった」と心から思える事に感謝しております。
そして、何より当日来てくれた主人にも感謝の気持ちを伝えたいです。
悩みを抱えてる時は本当に辛いですが、少しの勇気と一歩で大きな明るい未来になれると身を持って経験出来て今では良かったと思っています。
                        E.S
by npo-step | 2015-05-03 07:26 |   参加者・体験談、ほか