プログラムに参加中のS・Sさんから手記を頂きましたのでご紹介します。

・自己紹介、やってきたこと
間もなく38歳。結婚7年目(付き合いだしてから14年)の夏の終わりに離婚を切り出されました。Stepに通いだして9カ月ほどになります。(40回参加継続中)
私の場合、自発的な入会です。
別居していましたが、半年ほどで同居に戻ることができ、ギクシャクしつつも同居生活を送ってます。
大学で出会った私達は、趣味も合致しており傍から見れば「オシドリ夫婦」と思われてきました。最初はそうだったかも知れません。が、内情は違いました。
Stepに通う前の私は、ときどき思い出したかのように妻にDVをふるってきました。
ほんの些細なことに腹を立て、そこまで溜めこんだつまらない不満を一緒くたにして数時間も一方的に声を荒げ、説教する。
時には手を挙げることもあり、一番酷い時は彼女の肋骨にヒビを入れたこともあります。
つらかったのだと思います。彼女は毎回、泣いていました。
泣くことで逃げていると思いこんでいたので、更に追い込むように罵倒する。
今思えば本当に最低の亭主でした。

・それまでの考え、変わるきっかけ
ほんの些細な一例です。

①母が専業主婦ということもあり、我が家のYシャツはいつも糊のきいたアイロンがけされたものでした。「周りの家も当然そうなんだ」と思っていました。
1.「妻が洗ってくれたYシャツには糊が付いていない…」
2. だから妻は手抜きの家事をしている。
3. 勤めに出ていることがいけないのだ。
当然、周りの方のYシャツはそんな風ではなく、勝手な思い込みでした。
短絡的で、自己中心的な考え方をしていました。

②車で出かけて、渋滞にはまり帰りが食事時になりました。
「面倒だから外食しよう、店考えて」一見普通の会話に聞こえるかもしれません。
私は時速80kmで車を走らせながら、通る道の店を選べと強要していました。
決められずにいると、家に到着。そのまま説教突入。
本当に独善的でした。

離婚を突き付けられ、「あんたはDV野郎だ!」と言われ愕然としました。
まさに「寝耳に水」だったのです。
それまでDV男は、「パートナーをぶん殴る最低野郎」のことだと思っていました。
だから俺はDV野郎ではない。が、自分も妻を殴ったことがある…
まさか?と思いながらもネット検索したときに自分が”DV野郎“という自覚をしました。そしてその時に見ていたのがStepのHPだったのです。
妻の言葉と、自分が変われば、離婚は回避できるかも?という淡い期待を抱いての入会が転機でした。

・Stepの学び方、考え方、変化
最初の1か月位は半信半疑で通っていました。
既に変化された諸先輩の言葉が、あまりにも”達観”されておりここは「カルト教団なのかも知れない…」なんて疑ったくらいです。
「能面のように無表情になれば完成形?」とか勘違いするくらいだったのです。
 
しばらくすると諸先輩が何を言われているのか、おぼろげながらわかってきました。
なので、とにかく真似をしてみることにしました。
自分に課したのは
 ・とにかくキレない。
 ・過去の反省を繰り返す。いつか謝罪できるときのために。
 ・ポジティブシンキングを心がける
 ・人の話を最後までよく聞く、理解する努力をする。
 ・仕事と家族の用事以外ではStepを休まない。
 これだけです。あとは学びを実践しただけ。

半年くらい過ぎるとそれが自然にできるようになり、周りの人との関係性が全部上向いてきたことを実感できるようになりました。
妻が戻ってきてくれたのはこの頃です。

Stepに来てから今日までに、私の座右の銘は「いい加減」から「良い加減♪」に変わりました。 
Stepがただ単に「座学を開くだけの会」だったとしたら、私は今でもあの頃のままだったと思います。
入試のために詰め込んだ勉強は抜け落ちていくのに、小学校の実験や調理実習は覚えているのと同じ論理です。
・グループワークで他の方の行ったDVを疑似体験し、共感する。
・意見を交換することで違った目線から物事を見れるようになる。
・”被害者の方の体験談”も聞く機会があり、被害者の心理も知ることができる。
 こんな学びを繰り返すことで私は少しずつ変わってきました。

・現在の心境
私がDVをふるってきた過去は変わりません。ただ、反省と謝罪の気持ちはずっと持っていないといけないと思います。
今はまだ、私の謝罪を受け入れてはもらえないと思います。
いつか「自分は変わったんだ!」と胸を張って言える日がきたら、心から妻へ謝罪をしたいと思っています。今はまだ路半ばですから…

願わくば、楽しかったあの頃のようになりたいと願っています。
その上で、「対等な立ち位置での喧嘩」ができる良好な関係性を築きたいと思っています。

・メッセージ
加害者でも変われます。
変わらなくてはいけないと思います。
前を向いて、これからの人生を歩みたいなら変わりましょう。
きっと何かがプラスに向かって行きますから!

                (S・Sさんから掲載許可済み) 
b0154492_16142352.jpg


                          
by npo-step | 2014-09-23 10:04 |   参加者・体験談、ほか

DV研修会・開催

9月22日、東京・東村山市にある、東京聖書学院で、
DVについての研修会行って来ました。
今回は午前と午後、2回に分けての研修です。
   午前の部  「DV被害者への理解と支援」
   午後の部  「DV加害者更生の可能性」

午前の部では、
DVとは、DVの実状、DVの定義、DVの構図、DVの原因、DVの要因、
力と支配、DV被害者の特徴、DV被害者への対応、を研修。

午後の部では、
DV加害者更生プログラムから見えてきたもの、どんな人が加害者になるのか、
DV加害者の特徴、DVのサイクル、DV加害者の心理の変化、欲求の満たし方、
DV加害者にならないために、加害者の変化・実例、1・2・3・4,

研修会では、DVの具体的内容と対応について幅広く研修することができました。
参加され方はメモを取ったりして、とても熱心に学んで下り、
各回の質疑応答では、具体的対応の質問を沢山頂き、関心の高さを知りました。

b0154492_223266.jpg

by npo-step | 2014-09-22 21:44 |  これまでの活動

プログラムに参加して

 
S・Iさんから「プログラムに参加して」の手記を頂きましたので紹介します。

DV加害者更生プログラムに参加する前の私は、
妻に対して「ああしろ、こうしろ」と指示することが多かったと思います。
そして、妻が従わないときには「どうしてやらないんだ」と怒ってばかりでした。

その当時、妻に対する怒りについては、
「より良く変わって欲しいから助言しているのに、
それを実行しない妻に問題がある」と考えていました。
妻への愛情の強さゆえに指示しており、
それらはすべて妻のためなのだと信じていたのです。

 しかし、プログラムに参加して、その考えが間違いであると気付きました。
私の行動は「妻への愛情」からではなく「妻への支配」から生じており、
「妻のため」ではなく「自分のため」に行なわれていたのです。
それは、自分にとっての「こうあるべき」という理想の実現が目的であり、
だからこそ、
妻が思いどおりに変わらないことに怒りを感じていたのだということを理解しました。

 それからは、自分が妻を「変える」ことは不可能であることや、
「自分の気持」ではなく「妻の気持」が大事であることを意識して行動するようになりました。
その結果、ふたりの関係は少しずつですが良い方向に向かっているという実感があります。
               (S.I さんから掲載許可済み)
b0154492_20394455.jpg

by npo-step | 2014-09-13 19:26 |   参加者・体験談、ほか

プログラムに参加して

10ヶ月プログラムに参加中の、T・Aさんから手記を頂きましたので紹介します。

◆自己紹介、やってきたこと
38歳、結婚4年目。自分はこれまで妻から気に入らないこと、反発されると怒りがこみ上げ、無視し、適当にあしらうことが多く、ひどい時は恫喝することが少なからずありました。

◆それまでの考え、変わるきっかけ
子供のころから短気で、これは性格だと決め付けていました。多少怒るのもしょうがないと。
そのおかげで学生時代の友達はいませんし、「それで結構」と割り切ってきました。
仕事の場でも我慢しきれない時には声を荒げたりしていました。
しかし、1年前、手が出てしまいそうなくらいの恫喝の後、自分のこういった言動は性格だと言い放った自分に対して妻が「私のために変わる気はないのか」と泣きながら言われた時に「このままではだめだ」と真剣に考えるようになりました。
そこからどういったところで治せるのか色々と探した結果、ステップに辿り着きました。

◆ステップの学び方、考え方
ステップを選んだ理由は住居から近かったこともありますが、ちょうどメディアで取り上げられ、評判が良かったためです。実際にここまでやってきてその効果は出てきていると実感しています。
ステップで良かったと感じている点は、妻との関係だけでなく、「人との関係」を良くするためにどうすればいいのかを一方的な座学ではなく、参加者全員で対話しながら、自らの考えを変えていけるというところです。普段何気なく、こういったことをやれている人も多くいますが、私はこういったことができていなかったのです。

◆変化
初めの2、3ヶ月は我慢の連続でした。しょうがありません、今までそういった考えをしていなかったのですから。けれど、4、5ヶ月目くらいからなんとなくそういう考えがすぐにできるようになっていった気がします。そして、今10ヶ月目ですが、もう表面立って怒ることはなくなりました。0です。
感情的なところで怒りがこみ上げる事はありまが、表面に出すことは全くありません。
何でもそうですが、すぐにやれることなんてありません。訓練が必要です。その訓練を継続するモチベーションは、妻のためでした。

◆現在の心境
今は、妻に対して恐怖心と孤独感を与えてしまって申し訳ない気持ちで一杯ですが、それと同時に自分を変えられるチャンスを与えてくれたことに対して、非常に感謝しています。
そして妻との関係をよりよくしていくために、ステップで学んでいることを更に自分に浸透させていきたいと考えています。  
                  
                      (T・Aさんから掲載許可済み)                                 
by npo-step | 2014-09-10 23:06 |   参加者・体験談、ほか

「たけしのテレビタックル」の視聴者の方から寄稿文を頂きましたので紹介します。

昨日(9月8日)放送された、テレビ朝日の「たけしのテレビタックル」の
「生激白!ストーカーをしてしまう私の心理」の番組を見ました。
非常に衝撃的でした。

[ 何処に逃げても絶対に見つけ出す。女性はオレの所有物、他人にとられるなら、殺して自分も死ぬ、 歪んだ愛情の果て・・・ストーカーの執念と手口、]

まったく世間の常識とは違う世界で生きていて、本当に「気づき」というか誰かに教えてもらわないと一生自分の過ちに気づかず生きていくんでしょうね~。

恐ろしいです。更生プログラムの重要性をしみじみ感じました。
鈴木さん(仮名)のように、自覚して自分から受けてみようと思うだけ、まだ、良い方なのですね。
理事長さんのおっしゃるように、更生プログラムを一刻も早く義務化すべきだと思います。

最後に警察の人が言っていた「携帯をいきなり着信拒否にしたり、メールを無視するのは絶対ダメ。少しづつ距離を置く」というアドバイスは目から鱗でした。
素人は、すぐ、「そういう危ない人とは関係を速攻断つのが最善の方法」と思ってしまうので。
ストーカーを追い詰めた気持ちにさせるのは、かえって危険なのですね~。色々
勉強になりました。  (T.N)

b0154492_2022016.jpg

by npo-step | 2014-09-09 10:17 |   参加者・体験談、ほか

9月8日、テレビ朝日で放送された「たけしのTVタックル」「生激白! ストーカーをしてしまう私の心理」 を見られた方から、感想文が送られてきましたので、原文のままご紹介いたします

先日の「たけしのTVタックル」(ストーカーの心理)を拝見しました。以下私なりの感想です。
正直とても感動しました。DV・ストーカー体験者の鈴木さんという方の話は、「よくぞここまで語ってくれた!」と、感心して聞かせてもらいました。
自分の体験や考えを赤裸々に語っていましたが、あそこまで堂々と語ることができたのは「ステップ」で更生プログラムを受けたことによって、自分が確実に変わりつつあることに自信と誇りを持っているんだろうな、って思いました。

また視聴した人たちは、DV加害者やストーカーも、学ぶことによってあのような認識ができるところまで変われるんだー、ということをまのあたりにし、改めてDV加害者プログラムというもののすごさに感心したのではないでしょうか。

最後に鈴木さんが「ストーカ一やDVを防ぐために・・・」ということで「この国には更生プログラムが圧倒的に不足している。何より法制化・義務化されていない
更生プログラムがあることを周知徹底し、国が本腰を入れていく必要がある」というようなことを言っていましたが、まさにその通りで、我意を得たりという感じでした

その他にも前後して、心に残る言葉がたくさんありました。
今回の番組は、改めてDV加害者プログラムというものがあるんだということや、それを実践している「ステップ」というところがあるんだということを知らしめてれました。
こういう番組を通して、改めてDV加害者更生プログラムが認知され、広がっていくといいんですが・・・。

1点、物足りなさを感じたところもありました。鈴木さんのDVやストーカー行動がどこからきているのか、への掘り下げ方についてです。
彼がなぜ2度までもひどいDVやストーカー行為をしてしまったのか、また会社のスタッフはなぜ女性ばかりなのか、なぜ弱い女性を雇って服従させたいと思ってしまうのか、彼の言うところの深層心理の掘り下げが、不充分のような気がしました
そこを掘り下げ、彼の心を知らないうちに縛ってきたもの(おそらくトラウマ)を解明し、それから解放していくことが、DV克服の大きな足ががかりになるような気がいたします。

いずれのせよ、DV問題、ストーカー問題を、変わらなければならない加害者の立場から扱ったとてもいい番組であったと思います。ステップの活動の素晴らしさも改めて知らしめてくれました。いい番組をありがとうございました。 (M.M)

b0154492_20202817.jpg

by npo-step | 2014-09-09 09:41 |   参加者・体験談、ほか

先日、テレビ朝日で、ある番組の収録が行われました。
番組タイトルは「生激白! ストーカーをしてしまう私の心理」
元ストーカーだった(仮称)鈴木さんを追いかける番組です。

鈴木さんは、前妻に激しい身体的暴力(DV)を行い続け、耐えられず逃げた妻に今度はストーカー行為を行いましたが離婚が成立。
その後再婚、しかし新しい妻にも再び身体的・精神的暴力(DV)を行ない、前妻同様逃げた妻にストーカー行為を行ない始めました。

逃げた妻をGPS機能付き携帯で探したり、逃げている部屋の窓を大ハンマーで壊して侵入したり、母親のいる外国に逃げようとすれば、事前にキャッチして同じ飛行機に搭乗して追いかける等のストーカー行為を行っていました。
(一部・再現VTR・参照)
妻は自分の所有物、逃げるなら「妻を奪還する」それが叶わないなら妻を殺して自分も死のうと決心していました。
番組では当時の心境を赤裸々に激白しています。

DVとストーカー行為を繰り返していた鈴木さんは、その後、加害行為をやめようと、毎週地方から夜行バスに乗って、DV加害者更生プログラムを行っている横浜のステップに通い始めました。

休まずステップに通い続けて10か月、歪んだ思考から変わり始めた鈴木さんを見ていた妻は、和解して間もなく同居を考えてます。しかし鈴木さんは、私は未だ工事中、同居しても続けてステップに通い続けると話してます。 (放送には入っておりません)

今回この番組に鈴木さんが勇気を持って出演した理由は、私のようにストーカー行為を行って苦しんでいる加害者や被害者の人たちに「更生プログラムが有ること、又、DV加害者も変われるチャンスが有る事を知ってほしい。妻を尊重して穏やかな家庭を取り戻してほしい、それが先に更生した私の務めです」と語っています。

放送日は、9月8日(月) 夜11時15分~
テレビ朝日系列「たけしのテレビタックル」の番組です。
   (放送は終了いたしました)

b0154492_20405339.jpg
b0154492_20411273.jpg

by npo-step | 2014-09-08 20:00 |  これまでの活動

DV加害者更生プログラムを毎週、
土曜日・2回、日曜日・2回、水曜日・1回行ってます。

      (曜日によって開始時間が異なります)
土曜日、1回目・午後2時~4時  2回目・午後5時~7時
日曜日
、1回目・午後4時~6時  2回目・午後7時~9時 
水曜日
、      午後2時30分~4時30分
 (プログラムの内容は5回とも同一です。) 

より良い家庭を築くため、皆さん真剣に学んでます。
一人で悩んでおられる方、別居する前に、離婚する前に、
加害者プログラムに参加されては如何でしょうか。

  DV加害者更生プログラム専用窓口  080-5530-8047
by npo-step | 2014-09-03 22:15