カテゴリ:  参加者・体験談、ほか( 34 )

番組紹介

先日、日本テレビ「スッキリ」の中で「阿部が見たDV更生プログラム」 の放送がありました。
 放送内容をまとめた投稿が有りましたので紹介します。

DV被害30%急増! 加害者と思っていない夫たち…
    更生プログラムで初めて自覚


  ドメスティック・バイオレンス(DV)の被害が急増している。昨年(2012年)、配偶者の暴力で警察が対応した件数は4万3950件に上り、前年より28%も増加して過去最多となった。なぜDVは起こるのか、防ぐ方法はあるのか。レポーターの阿部祐二さんがDV夫を更生させるプログラムの現場を取材した。

父から「言ってわからなければ叩いてもいい」と教わってきた

  横浜市のあるマンション。集まっているのは妻に暴力をふるったDVの加害者たちだ。30代から50代の6人の男性が更生プログラムを受けている。妻に対して行ったことを告白させることで、自分の行為がDVだったことを自覚させ、反省を促す狙いだ。そのうちのひとり、Aさんの場合はこんなだった。

「私は本当にひどいDVをしていました。言葉の暴力、身体的暴力、物を投げたり、唾を吐いたり、蹴ったり、叩いたり。精神的暴力もひどかったです。DVを始めたのは結婚してすぐでした。子どもがお腹にいるときに、初めて妻の足を蹴りました。以来、DV期間は結婚年数とほぼ同じ8年間です」
「(なぜ抑えることができなかったのか)私は父から『言ってわからなければ叩いてもいい』と教わってきたので、それが正しいものだと思っていました。だから、自分はDVの加害者ではないと思っていました」

  DVだと気づいたのは、妻が耐えられなくなって荷物をまとめて出て行ったときだ。インターネットで「DV加害者の行為」を検索してみて、自分のやってきたことはDVに当てはまると思った。そこで、更生施設を探して参加したのだという。今ではことば使いも「おい」が「ねえ」に、子どもに対しても「何やってんだよ、この野郎」が「ちゃんとしてね」という風に変わった。

更生プログラムを受けて約2年が経過したAさんは、去年(2012年)4月から家族と同居を再開している。1年以上経って妻も「もはやわが家にはDVは存在しません」と語っている。

  心の中からいくつもの「べき」を取り去る

女性・人権支援センター「ステップ」の栗原加代美理事長はDV夫の更生について、「妻はいつもにこやかであるべきとか。家事を完璧にすべきとか、夫に従うべきとか、『べき』をいっぱいつけていると、妻がそれをしていないとき、怒りによって暴力で変えようとします。『べき』をとればいいんです」という。

キャスターのテリー伊藤さん、「もう一方で、夫には夫はこうあるべきだという意識もあるんですね。サッカーの奥大介容疑者の時も感じたが、自分の中に夫のあるべき強さのようなものがあって、弱さを妻に出せなかった面がある。突っ張ったままの態度で手を出していってしまった。自分の弱さを妻にうまく話すことも大切なんですよ」

たしかに「べき」という言葉はポイントだ。
「こうあるべき」という考え方の転換がまず一歩かも知れない。
by npo-step | 2013-06-16 14:51 |   参加者・体験談、ほか

DVを克服された夫と被害者だった妻から、DVで苦しんでいる家庭が、
平安な生活に戻れる様にとの願いから、手記に頂きましたので紹介します。
この人は、結婚当初から、暴言と殴る・蹴るを繰り返し、お金も渡さないで、
酒やギャンブルを繰り返してのDV生活をしてました。
(以下原文・本人の了解を得てます)

【私のDV~気付きと変化~】
結婚してから私はDVをするようになりました。
身体的、精神的、経済的暴力をしていましたが、
喧嘩の原因は些細な事で時には妻が原因である事もあったので
殴られたりしても仕方の無いことだと思い込み、
10年間DVと、その間にある優しさの中で妻は生活してきました。

しかし度を越えエスカレートしていく暴力の中である日、
限界を迎え家を出ました。
子供に会いたかった私はインターネットでDVを調べ、
すぐに自分がDVであることを認識しました。

認めただけでは子供に会わす事はできないと言われたので
STEPによるDV加害者更生プログラムに通う事を決断しました。
毎週グループワークなどに参加し、
DVによってでしか人間関係を構築できなかった私が、
本来あるべき良い人間関係の築き方を学びました。

特にグループワークではお互いに自分のした事や考え方などを話し合い時には
自分を見ている様であったり、人からいいものを学べたりして
非常に有意義な時間となっています。

妻が嫌だと思うことはしなくなり妻がDVの生活の中で身についた習慣や
不安を取り除くように配慮しています。
全てSTEPのワークの中で学んできた結果です。
その結果、子供も私の変化に気付き
家族一緒に暮らしたいと言ってくれるようになりました。
その後妻が家に戻りました。

まだまだこれから再生途中の夫婦ですが暴力はゼロになり、
今ではDVの枠を越え、より良い人間関係を築く為の人間性や
心のあり方の重要性を学ばせて頂いております。

世間ではDVは治らない、というのが通説になっていますが
人は何事もまず自分が気付き学べば変わるのだと思います。
それはDVも同じです。
DVといわれるものをしてしまった本人がDVだと心の底から気付き学べば
変化が現れるのではないでしょうか。

私達もその事を忘れないようにこれからもSTEPに通い続け、
家族がずっといい関係でいられるようにお互い学び続けていくのだと思います。


【妻から】 
主人がSTEPに通うようになってから変化は割とすぐに現れましたが
DVが治った事例などどこを探しても皆無でしたので
最初は信用しておりませんでしたが、
彼の自分がした事の重大さを受け止め私の心のケアに専念してくれました。

彼にとっては思い出したくもない、過去の事であったと思いますが、
私が受けたDVのひとつひとつを全部、もう一度話してもらい
謝罪させて欲しいと言ってくれ、
私は自分が傷付き、うやむやにされた過去の事を全て話しました。
それはまるで傷付いたまま置いてけぼりにされた私を、
正しい場所へ戻してあげたような感覚でした。

STEPで彼はたくさんの事を学び忠実に実践しています。
私も月に一度妻が集う会に参加させて頂き学ばせて頂いています。
自分の心の回復と人間関係のあり方について学ぶ大切な場所です。

b0154492_1452535.jpg

by npo-step | 2012-12-10 18:38 |   参加者・体験談、ほか

DV加害者更生プログラムに参加されれている方から、手記を頂きました。
本人から了解を頂きましたので、名前以外は原文のまま紹介致します。

私はDV加害者更生プログラムに参加して、考え方が変わってきたことが二つあります。

ひとつは面談の時に学ばせていただいた基本的欲求についてです。
私は妻を失うことにより、すべてを失ったようにずっと感じていました。
愛・所属、力、楽しみ、自由そして生存までも失ってしまった気がしていました。
すべて妻や家族に依存していたのですね。
自分で満たさなければいけない。
妻や家族がいなくても、自ら心を満たさなければいけない。
毎日の生活の中のひとこまひとこまの中でそれを意識するようになりました。
自ら心を満たさなければ
「僕はもう大丈夫だよ。帰っておいで。」とは妻には言えないことに気がつきました。

そしてもうひとつは、
前回のグループワークの「考え方と気分の関係」の中で学ばせていただいたことです。
私は、口論になると妻が家を出て行くのをある意味暴力だと感じていました。
自分の意見がとおらず腹をたて、私をシャットアウトする行動であり、妻が身重であったり、授乳の必要な赤ん坊を置いていくのは、私を心配させたり、困らせるための「ある意味暴力」ではないかと感じていました。
別の考え方はないだろうか?とか別の角度から考えることはできずにゆううつの度合いは100のままでした。

そして、プログラム参加者から
「出て行ったのは、奥さんの「自由」です。所有物だと思わないことです。出て行かれて困るというのもおかしい。一人でもできるはずです。」
そう意見されました。
ほかの二人の参加者からも同じように「なんとでもなりますよ。」と言われました。
目から鱗が落ちたような気分でした。
※そのとおりでした。
妻は家にいるのが当たり前、育児をするのが当たり前…
私は自分でも気がつかないうちに妻を拘束し所有物だと思っていたのです。
無意識だったと思います。しかしそこには私の妻に対する特権意識があったのです。

そして最後にファシリテーターから
「奥さんだって出ていきたかったはずがありません。身重でありながら家を出て行った奥さんの気持ちを思ってください。」
なんて私は愚かだったのだろうと思いました。
なんでそんなことに気がついてあげられなかったのだろう。
私は妻の行為だけしか見ていなかったのです。
その行為(自分をシャットアウトする。)だけに不満を感じ批判していたのです。
妻が身重であり精神的にも身体的にも不安定であったり、自分がおっぱいをあげなくてはいけない赤ん坊を置いてまでも、家を出て行くしか選択できなかった妻の気持ちを思ってあげるべきでした。
そして、そこまでさせてしまったのは自分であり、私には妻に対して傾聴し、受容する姿勢が足りなかったのだと反省しました。
愚かだったと思います。
その時の妻の気持ちを思うと申し訳なくて涙がでます。

現在、私は妻と暮らした日々の中で、※妻を苦しめた※間違いなく私の誤った行為はもちろんのこと、口論になったこと、不満に思ったことをすべて思い出そうとしています。
そこには必ず特権意識や自分を正当化する思いがあったはずです。
妻に対する不満や弱点ばかりに焦点をあてていた自分がいたはずです。
どんな些細なこともひとつ残さず思い出し、その時の間違いを見つけたいと思っています。
どういう意識を持ち、どう対応すればよかったのかひとつひとつ解決したいと思っています。
どうしても自分で解決できない時でもグループワークでファシリテーターや参加者の皆さんに相談して、必ず結果を出したいと思っています。
by npo-step | 2012-11-09 18:28 |   参加者・体験談、ほか

DVを振るい続けていた奥様に逃げられた会社員のAさんが
DV加害者更生プログラムに見えました。

Aさんは、アルコールを浴びるほど飲み、ギャンブルが好きで、
毎日のようにパチンコに通ってました。

奥様には、ぶつ、蹴るの身体的暴力や、めすブタ、死ねなどと言葉の暴力を、
又、経済的には、酒とギャンブルにお金を注ぎ込んでいる状態でした。

その様な中で奥様に逃げられ、離婚を迫られました。
彼は自分が変わりたいと、DV加更生更正プログラムに通い初めました。

参加されたことにより、
DVによって、奥様に大きな傷を付けてしまったことに気づいて、
禁酒の会や、ギャンブル依存症を治す会にも参加し、

又、プログラムで習ったことを壁に貼って、自分を見つめ直してます。
そして毎日、メールや電話で奥様に今迄の行為を謝り続けてます。

奥様はその様な夫の変化に気づいて、もう一度やり直そうと考え始めました。
そして夫が通っているプログラムの被害者の会に参加、
夫が変わっていく様子を見つめながら、奥様も学び始めました。

それから4ヶ月後、考え方と行動が全く変わった夫を見て、
これなら大丈夫と奥様は夫の元に帰っていきました。

夫が通い始めて1年、今は新婚のようですと語っている奥様、
そればかりか、ここまで変わった夫を尊敬しています。

DVは変わらないと言われる方もおられますが、
Aさんを見てますと、人は考え方を変える事によって、
行動が変わっていく姿を見る事が出来ます。

夫は10月22日放送予定の、NHK「あさイチ」の取材に応じてますので、
この夫婦の歩みの変化を聞く事が出来ると思います。

(この内容はAさんの許可を頂いて書いてます)

b0154492_10172012.jpg
by npo-step | 2012-10-29 18:24 |   参加者・体験談、ほか