カテゴリ:  メディア・掲載、紹介( 20 )

10月7日、産経新聞・神奈川版に掲載された「DV加害者更生プログラム」の記事が、
Yahoo!ニュースのトピックスに掲載されていましたので紹介致します。
この内容はYahoo!のトップ記事扱いでした。社会からの期待が大きいことを物語っていると思います。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131007-00000538-san-soci

「どうしたら抜け出せるのか…」DV加害者更生プログラム
産経新聞 10月7日(月)16時0分配信

 「何で自分はこういうことをしてしまうのか。どうしたらここから抜け出せるのか」-。DV(配偶者・恋人からの暴力)被害の根絶に向け、NPO法人「女性・人権支援センター ステップ」(横浜市)が加害者の側の意識変革に取り組んでいる。加害者の中には、自分の行為に悩み、あらゆる療法を試したりお祓(はら)いに行ったりするケースもあるといい、それぞれが抱える苦悩も千差万別だ。

 横浜市内のマンションの一室。中立的立場の女性ファシリテーターが被害者の思いや気持ちを代弁しつつ、受講する加害者が意見交換を行う。米カリフォルニア州認定の加害者プログラムと選択理論心理学を用い、加害者が不健全な価値観や考え方に気づき、行動を変えていくための「DV加害者更生プログラム」で、ステップが平成23年から始めた。

 ファシリテーターを務める栗原加代美さん(67)は、「多くのところで『DV加害者は変わらない』といわれるが、それは感情や生理反応を変えようとするから」と指摘する。加害者の多くは認められたいなどの欲求を配偶者や恋人が満たすべきと考えがちで、「認めてほしいのに妻が反論する。そこで『カッ』となって暴力をふるう」。

 そこで、プログラムでは、自分の行動は自分の選択の結果であるという考え方を教える。「『配偶者のせいで暴力をふるった』というが、暴力をふるうのはあなたの選択の結果なのだと」。行為や考え方は変えることができるという。

 また、DV加害者の多くは、相手が自分を100%分かってくれると期待し、理想と現実とのギャップに怒り、苦しむ。しかし、栗原さんは「他人は変えられない」と伝える。

 プログラムを重ねていくことで、加害者は自然と相手を尊重できるようになるという。受講は原則1年だが、本当の卒業は被害者が「尊重してもらえている」と思えるとき。これまでに10組の夫婦が卒業した。

 受講者の40代の男性は仕事のストレスなどから、けんかの際に大きな声で妻を威嚇したり、壁を殴り穴を開けたりするようになった。「自分が死ねばいい」-。行動をコントロールできず、包丁を自分の腹に突きつけたこともあった。しかし、その行為がDVであるという自覚はなかった。そんなある日、妻から「離婚する」といわれ、プログラムに通うようになった。

 通い始めて1年2カ月。「自分の求めている世界観が伝わらず、正当化した」と当時を振り返る。離婚をしたくないと通い始めたが、今では「妻の意見を尊重したい」と考えている。

 栗原さんは「DVは力と支配の構図。その構図は社会の中にもいっぱいあり、皆そこから学んでくる」と話し、「社会全体でこの問題に取り組まないと、民間団体が細々とやってるだけでは変わらない」と力を込めた。(小林佳恵)

 ■DV(ドメスティックバイオレンス)

 配偶者や恋人からの暴力。身体的な暴力だけでなく、心に有害な影響を及ぼす言動も含まれる。平成13年、夫などの暴力からの保護を目的にDV防止法が施行され、裁判所が接近禁止や住居退去を含む保護命令を出せるようになった。恋人間の暴力「デートDV」に対応するため、26年1月に施行される改正法では、現在は事実婚を含む配偶者と元配偶者の暴力に限っている対象を「生活の本拠を共にする交際相手からの暴力」に拡大する。

 神奈川県警では、同県伊勢原市で女性が元夫に刃物で切りつけられた事件を受け、7月12日にDVやストーカーなどへの対応を強化するため、「人身安全事態対処プロジェクト」を発足させた。8月末までの認知件数1258件のうち、DVは最多の507件となっている。

b0154492_531388.jpg

by npo-step | 2013-10-07 23:37 |   メディア・掲載、紹介

「DV加賀者更生支える」9月22日読売新聞・社会面に、ステップが3年前から取り組んでいる「DV加害者更生プログラム」が紹介されました。「妻は夫に従うべき、言っても分からなければたたいてもいい。」そして加害者の大半は「相手が悪いから暴力を振るってもいい」と考えてます。内閣府によると3人に1人はDV加害者、その内5人に1人は女性加害者、DVについて考えさせられます

b0154492_7304527.jpg

by npo-step | 2013-09-22 07:33 |   メディア・掲載、紹介

神奈川県社会福祉協議会発行の福祉タイムズ8月号、「福祉最前線」のコーナーに、「DV加害者更生プログラム」の内容が紹介されました。
「DV被害者が温かな家庭を取り戻すために」と題した、プログラムの記事を通して、暴力で壊れた家庭がもう一度温かな家庭に再生されること、加害者がいなくなる事のお手伝いができることを喜びと感じております。

8月号の発行部数は23,000部、神奈川県内の民生委員や福祉施設、公共機関をはじめ、県外の行政機関等、約4,600箇所で読むことが出来ます。

b0154492_1746435.jpg
b0154492_1747496.jpg

by npo-step | 2013-08-14 17:48 |   メディア・掲載、紹介

7月9日発売の「週刊女性」7月23.30日号に
「DV・ストーカー」の特集記事が掲載されました。

10頁に及ぶ特集記事は、DVの現状と問題点から相談機関のリストまで丁寧に記載され、
この雑誌を読むと、DVに対する基本的な知識が得られる事と思います。

記事の中で、ステップの「DV加害者更生プログラムの内容も
動き始めた更生プログラム「加害者」は変われるのか?と題して掲載されてます。
ステップへの取材には3人の記者が見えて、プログラムの内容を丁寧に取材してました。
DVで苦しんで折られる方の目にとまり、解決の糸口が見つかる事を願います。

b0154492_1041943.jpg
b0154492_1043267.jpg

by npo-step | 2013-07-09 12:06 |   メディア・掲載、紹介

先日テレビ朝日の取材を受け、7月2日放送されました。
今回は、テレビ朝日のワイドスクランブル[関口知宏の現場主義]で、「日本の姿」さまざまな思い、悩み、苦しみを抱える人々の本音、現場で感じた姿を関口さんが描き出すコーナーです。今回放送のタイトルは、「DVの実態 加害者は更生できるのか?」

番組は、ステップで行っているDV加害者更生プロクラムをふくめて15分の放送枠。
番組取材中、参加された方々から、もうDVの加害行為の放送より、「変わってきたDV加害者の姿」を通して、加害者や被害者が落胆でなく、将来に希望が持てる姿を放送してと話をされ、
関口さんもDVに付いての認識が変わった、素晴らしいプログラムなので、この姿を放送したいと話して帰られました。
限られた時間内でしたが、関口さんなりにプログラムを見られた印象を語ってました。

テレビ朝日7月2日(火)ワイドスクランブル 11:25~13:05
[関口知宏の現場主義]のコーナーで放送されました。

b0154492_12261797.jpg

by npo-step | 2013-07-03 17:38 |   メディア・掲載、紹介

「カナロク」掲載の紹介

最近、神奈川新聞に掲載された「ステップ」関連記事が、
神奈川発・コミユニティサイト 「カナロク」 に掲載されてますので紹介します。

2013年6月19日 DV加害男性の相談窓口、県が設置を検討/神奈川
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1306180028/

2013年6月8日 DV被害防止:社説
http://news.kanaloco.jp/editorial/article/1306080001/

2013年6月6日 DV更生プログラム受講の男性「自分が加害者と思わず」
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1306060036/

2013年5月24日 伊勢原女性刺傷事件:DV防止へ支援者「距離置くだけでは解決しない」
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1305240009/

2012年4月28日 DV:社説
http://news.kanaloco.jp/editorial/article/1204280001/
by npo-step | 2013-06-20 07:26 |   メディア・掲載、紹介

先日、神奈川県伊勢原市でDV被害を受けて逃げていた女性が刺される事件が起きました。
この事件発生からDV関係の事件抑止に、DV加害者更生プログラムに関心が集まってます。

事件後直ぐに、TBSテレビでステップの理事長が事件に対するコメントを、
朝日新聞、神奈川新聞が2回、プログラムの必要性と加害者の変化の体験談と、ステップのプログラム内容が相次いで掲載されました。
更にプログラム参加者の協力により、NHK、日本テレビ、フジテレビがプログラム関連の放送がされました。

日本テレビ、「スッキリ」        6月11日 午前8時~ 
フジテレビ 「アゲる テレビ」    6月11日 午後2時~ 
NHKテレビ「首都圏ネットワーク」 6月13日 午後6時10分~



◆日本テレビ、「スッキリ」  番組内容・紹介記事 
http://news.nicovideo.jp/watch/nw647883
◆NHKテレビ「首都圏ネットワーク」、 番組内容・紹介記事
http://datazoo.jp/w/%E6%A0%97%E5%8E%9F%E5%8A%A0%E4%BB%A3%E7%BE%8E/15059709

b0154492_23585813.jpg

by npo-step | 2013-06-12 17:45 |   メディア・掲載、紹介

5月27日付、朝日新聞に掲載された「ステップ」関連記事が、
朝日新聞・デジタル「ルポ 神奈川」に掲載されてますので紹介します。

2013年05月27日 「加害者の厚生 DV防げ」
http://www.asahi.com/area/kanagawa/articles/MTW20130527150150002.html

b0154492_6545124.jpg

 
by npo-step | 2013-05-30 07:34 |   メディア・掲載、紹介

フジテレビの朝の番組「トクだね」の中で、
ステップの働き「女性DV加害者更生プログラム」の働きが紹介されます、
女性DV加害者の人や、男性被害者の実状も取り上げられました。

内閣府の調査によると、夫婦の5組に1組は女性DV加害者と言われてます。
しかし、この様な状況が表に出て来る事はあまり有りませんでした。

今回の放送では、プログラムの様子・加害者の方々の声や、
被害男性の生活状況も含めて放送されました。
一組でも、DV被害を起こさない為に、
また、加害行為を行った方には、
更正プログラムが有ることをこの放送を通して知って頂きたいと思います。

放送日  平成25年2月5日(火)午前8時~10時
放送局  フジテレビ系列
番 組  「トクだね」の中「真相チェイス」のコーナー、
        朝9時頃から15分間放送

b0154492_22511233.jpg

by npo-step | 2013-02-05 17:53 |   メディア・掲載、紹介

負の連鎖断ち切れ

神奈川新聞、かながわ時流・自流「負の連鎖断ち切れ」 
  2011年11月19日・掲載 (掲載許可済み)

 9割以上が抑うつ状態にある。自傷行為を繰り返し、自殺を考える人も多い。男性全般が怖くなり電車に乗れず遠くまで外出できない。スーツなど夫と同じ服装をしている男性を見るだけで震えてしまう…。

 運営する中期シェルター(3~6カ月滞在できる一時保護施設)に駆け込んでくる、DV(ドメスティックバイオレンス、配偶者からの暴力)被害者の実態だ。たとえ体に傷がなくても、全員が心に深く大きな傷を負い、回復には長い時間を要する。「体の傷はいずれ治っても、心の傷はずっと消えない」。ある被害者の言葉が、今も忘れられない。「DVは人権侵害であり、魂の“殺人”なんです」

 しかし、一般的には「DV=身体的暴力」、つまり「殴られていなければDVではない」とのイメージが強い。言葉で相手を傷つける「精神的暴力」や、外出させないといった自由を奪う「社会的暴力」は認知度が低い。そのギャップも、事態を深刻にさせている一因という。

■DVの本質とは何なのか。それは暴力そのものではなく、「日常化した力と支配の関係」だという。優位に立つ夫が、妻を思う通りにコントロールしようとする。従わなければ、「暴力」を使ってでも。

 あるいは「妻になじられた仕返し」との反論もあるかもしれない。だが「きっかけが何であれ、暴力は複数の選択肢から本人が選んだ結果。だから加害行為は、百パーセント加害者の責任」。被害者の苦しみに寄り添ってきたからこそ、厳しい言葉を向ける。

 ただ「生まれながらの加害者はいない」とも。上司と部下、医師と患者、教師と生徒…。大声で相手を罵倒しても許されるような上下関係のモデルは、社会のそこかしこにある。

 最も影響力を及ぼすモデルが、自身の両親や親子の関係だ。強権的な夫や父に、妻や子は逆らえない。暴力を振るわれても、当然だと受け止める。そんな「暴力容認」の社会風潮と、「女性は男性に従って当たり前」という「ジェンダー・バイアス」(社会的・文化的な性差別や偏見)が重なった環境で、長い時間をかけて加害者が学んだ結果なのだ。

 「加害者も実は、社会からの被害者でもある」

■「加害者も被害者」とは、少し加害者を擁護しすぎた意見かもしれない。しかしそれは、ことし4月に加害者の更生プログラムを始めたからこそ見えてきた、DVの隠れた一面だ。

 活動が被害者支援だけだった当時の加害者像は「漠然と強くて怖い存在」だった。だが加害者の多くは、妻に離婚を突き付けられたり、逃げられたりして初めて、自身の加害行為に気付く。「父の母への接し方と同じように妻にしていただけなのに」と涙を浮かべる加害者に、哀れみすら感じることもある。

 誤っているのは人格ではなく、価値観。要因が社会に内在する以上、「誰もが加害者になり得る」と警鐘を鳴らす。一方で、こうも強調する。「同じ社会で育ってもDVを起こさない人はいる。暴力を社会や環境のせいにするのはひきょう」。更生プログラムは「自分が変わることが責任を取ること」との姿勢を鮮明にしている。

 若い被害女性には意外にも、「男尊女卑」の意識が強いと感じている。それが男性の暴力を助長している側面があるのも事実。「そういう親の姿を見ているからでしょう」

 負の世代間連鎖を断ち切るためにも、親世代には「夫婦の良いモデルを見せて」と呼び掛ける。「互いを尊重し、共感し合う関係」の素晴らしさを、身をもって子どもに伝えること。それが、DV根絶の大きな力になる。そう信じている。

◆DV被害の実態 県配偶者暴力相談支援センターによると、2010年度に寄せられた相談は6040件で、06年度に比べ26.5%増。県警が10年に110番通報などで認知したDV事案は2505件と、06年比60.7%増で、被害防止のための「援助」も766件に上る。11月25日の「女性に対する暴力撤廃国際日」に合わせ、毎年11月12日から25日は「女性に対する暴力をなくす運動」期間に定められている。

◆くりはら・かよみ DVシェルターを運営する「ステップ」に、発足の2003年から参加。07年から理事長を務める。DV防止のため、一般向けだけでなく中高生への講演活動も積極的に行っている。横浜市緑区。65歳。「ステップ」の問い合わせは電話080(5530)8047。
by npo-step | 2011-11-19 11:05 |   メディア・掲載、紹介