初めに

はじめに
ステップは、2011年4月から被害者支援の一環として、神奈川県初のDV加害者更生プログラムを始めました。
グループワークを土・日・水曜日、6グループに分かれて毎週二時間ずつ、1年契約で学んでいます。
また、DV加害者のパートナーである被害者も、毎月2回学んでいます。

DV加害者更生プログラムを立ち上げた理由
ステップでは、DVホットラインによる全国からの電話相談を行っています。
寄せられるDV被害者からの相談で、
「夫又は妻から暴力をふるわれていますが私はどうしたらよいでしょうか?」
との質問をいただきますが、答は逃げるか我慢するかの二者択一しかありませんでした。

そこに、もう一つの選択肢を付け加えたいと思ったのです。
それは、加害者に変わってもらう考え方です。

シェルター等でDV被害に遭った人たちを保護しても、加害者は野放し状態です。
残念ながら、日本のDV法ではアメリカのように逮捕に至りません。
加害者となったパートナーがDVをやめれば、せっかく築き上げてきた大切な家庭を失わなくてよいのです。
そして、被害者たちもDVによって失った自分らしさや自信を、もう一度、パートナーの協力を得てとり戻して生き直せるのです。

加害者の変化
たとえば、妻に逃げられ、あるいは離婚をつきつけられて、危機的状況の中でステップを訪れたDV加害者たち。
そこで見せるかれらの状況は意外なものでした。

9割の加害者は父親から虐待を受けていました。育った家庭のなかでは、父親は家族に自分の主張を伝える手段が暴力だったのです。そんな環境で育ち、妻の行動が気にいらない時、暴力以外に妻に自分の気持ちを伝える方法を知らずに家庭を持ってしまったというのです。暴力以外に自分を伝える方法を教えて下さいと泣き崩れる加害者もおります。

ステップを訪れた当初は、「自分だけでなく妻も悪い」と、なかなかDVに気付かない加害者がほとんどですが、彼らも3ヶ月ほどすると自分がDV加害者だと新たな気付きが始まります。
そこからDVの原因である歪んだ価値観を正しい価値観への張り替が始まります。


加害者の変化の事例
《事例 1》
家出した妻と子供が、すっかりDV、ギャンブル、酒をやめた夫の元に6カ月ぶりに家に戻り、夢のような暖かな家庭を築き始めました。
夫はDVをやめたばかりでなく、豊かな人間に成長し、妻も夫をモデルとして豊かな人間になる事を願い、本など読んで、努力しております。
小4と小1の子供たちも安全な家庭環境で成績が上がったそうです。

《事例 2》
別のカップルの場合、同居中は、夫は気に入らない事が有る毎に不機嫌をまき散らしたり、怒鳴る、手を挙げる事が多く有りました。
夫婦でステップに来て6ヶ月、今では夫は全くDVがなくなりました。
妻は、言いたいことが言えるようになり、離婚の思いが無くなりました。
不満をため込む前に話し合う事が出来る様になり、円満な家庭に戻りました。

最後にお願い
DVで悩んでいる加害者の方は、ぜひステップのDV加害者更生プログラムを訪れてみてください。
愛する人を失う前に、自分自身を見つめてみませんか。
お待ちしています。

DV加害者更生プログラム専用窓口 080-5530-8047

DV加害者更生プログラムは、神奈川県横浜市内で、
  NPO法人 女性・人権支援センター ステップ、が運営してます




by npo-step | 2017-12-01 08:58 |    はじめに

                 DVファシリテーター・栗原加代美
 
はじめに
ステップは、2011年4月から被害者支援の一環として、神奈川県初のDV加害者更生プログラムをはじめました。
現在男女併せて約40名の方々が毎週二時間ずつ、1年契約で学んでいます。
また、DV加害者のパートナーである被害者も、月に1回学んでいます。

DV加害者更生プログラムを立ち上げた理由
ステップでは、DVホットラインによる全国からの電話相談を行っています。
寄せられるDV被害者からの相談で、
「夫から暴力をふるわれていますが私はどうしたらよいでしょうか?」
との質問をいただきますが、答は逃げるか我慢するかの二者択一しかありませんでした。

そこに、もう一つの選択肢を付け加えたいと思ったのです。
それは、加害者に変わってもらうという考え方です。

シェルター等でDV被害に遭った人たちを保護しても、加害者は野放し状態です。
残念ながら、日本のDV法ではアメリカのように逮捕に至りません。
加害者となったパートナーがDVをやめれば、せっかく築き上げてきた大切な家庭を失わなくてよいのです。
そして、被害者たちもDVによって失った自分らしさや自信を、もう一度、パートナーの協力を得てとり戻して生き直せるのです。

「被害者の実体を知っている」ということは、加害者更生に関わるための、ひとつの条件に入るかもしれません。その意味においてこの働きは10年間、シェルター運営を行ってきたステップに課せられた使命であるのかもしれません。


加害者の変化
たとえば、妻に逃げられ、あるいは離婚をつきつけられて、危機的状況の中でステップを訪れたDV加害者たち。
そこで見せるかれらの状況は意外なものでした。

ほとんどの加害者は父親から虐待を受けていました。育った家庭のなかでは、父親は家族に自分の主張を伝える手段が暴力だったのです。そんな環境で育ち、妻の行動が気にいらない時、暴力以外に妻に自分の気持ちを伝える方法を知らずに家庭を持ってしまったというのです。暴力以外に自分を伝える方法を教えて下さいと泣き崩れるのです。

ステップを訪れた当初は、「自分だけでなく妻も悪い」と、なかなかDVに気付かない加害者がほとんどですが、彼らも3ヶ月ほどすると自分がDV加害者だと新たな気付きが始まります。
そこからDVの原因である歪んだ価値観を正しい価値観への張り替が始まります。


加害者の変化の事例
《事例 1》
家出した妻と子供が、すっかりDV、ギャンブル、酒をやめた夫の元に6カ月ぶりに家に戻り、夢のような暖かな家庭を築き始めました。
夫はDVをやめたばかりでなく、豊かな人間に成長し、妻も夫をモデルとして豊かな人間になる事を願い、本など読んで、努力しております。
小4と小1の子供たちも安全な家庭環境で成績が上がったそうです。

《事例 2》
別のカップルの場合、同居中は、夫は気に入らない事が有る毎に不機嫌をまき散らしたり、怒鳴る、手を挙げる事が多く有りました。
夫婦でステップに来て6ヶ月、今では夫は全くDVがなくなりました。
妻は、言いたいことが言えるようになり、離婚の思いが無くなりました。
不満をため込む前に話し合う事が出来る様になり、円満な家庭に戻りました。

最後にお願い
DVで悩んでいる加害者の方は、ぜひステップのDV加害者更生プログラムを訪れてみてください。
愛する人を失う前に、自身を見つめてみませんか。
お待ちしています。

追伸
現在、DV加害者更生プログラムを、毎週・土曜日・午後2時~、午後5時~、
日曜・午後4時~、午後7時~、 水曜日・午後2時30分~ 

同じ内容で5回行ってます。
更に女性専用のDV加害者プログラム11月22日より、第2・第4木曜日に行います。
お問い合わせください。



電話相談・毎週金曜日、10時~15時迄、045-439-3630(専用)
DV加害者更生プログラム専用窓口     080-5530-8047
(専用)

NPO法人ステップは、神奈川県内で
DV加害者更生プログラム活動を行っている非営利団体です。

by npo-step | 2012-12-11 01:04 |    はじめに

DVを克服された夫と被害者だった妻から、DVで苦しんでいる家庭が、
平安な生活に戻れる様にとの願いから、手記に頂きましたので紹介します。
この人は、結婚当初から、暴言と殴る・蹴るを繰り返し、お金も渡さないで、
酒やギャンブルを繰り返してのDV生活をしてました。
(以下原文・本人の了解を得てます)

【私のDV~気付きと変化~】
結婚してから私はDVをするようになりました。
身体的、精神的、経済的暴力をしていましたが、
喧嘩の原因は些細な事で時には妻が原因である事もあったので
殴られたりしても仕方の無いことだと思い込み、
10年間DVと、その間にある優しさの中で妻は生活してきました。

しかし度を越えエスカレートしていく暴力の中である日、
限界を迎え家を出ました。
子供に会いたかった私はインターネットでDVを調べ、
すぐに自分がDVであることを認識しました。

認めただけでは子供に会わす事はできないと言われたので
STEPによるDV加害者更生プログラムに通う事を決断しました。
毎週グループワークなどに参加し、
DVによってでしか人間関係を構築できなかった私が、
本来あるべき良い人間関係の築き方を学びました。

特にグループワークではお互いに自分のした事や考え方などを話し合い時には
自分を見ている様であったり、人からいいものを学べたりして
非常に有意義な時間となっています。

妻が嫌だと思うことはしなくなり妻がDVの生活の中で身についた習慣や
不安を取り除くように配慮しています。
全てSTEPのワークの中で学んできた結果です。
その結果、子供も私の変化に気付き
家族一緒に暮らしたいと言ってくれるようになりました。
その後妻が家に戻りました。

まだまだこれから再生途中の夫婦ですが暴力はゼロになり、
今ではDVの枠を越え、より良い人間関係を築く為の人間性や
心のあり方の重要性を学ばせて頂いております。

世間ではDVは治らない、というのが通説になっていますが
人は何事もまず自分が気付き学べば変わるのだと思います。
それはDVも同じです。
DVといわれるものをしてしまった本人がDVだと心の底から気付き学べば
変化が現れるのではないでしょうか。

私達もその事を忘れないようにこれからもSTEPに通い続け、
家族がずっといい関係でいられるようにお互い学び続けていくのだと思います。


【妻から】 
主人がSTEPに通うようになってから変化は割とすぐに現れましたが
DVが治った事例などどこを探しても皆無でしたので
最初は信用しておりませんでしたが、
彼の自分がした事の重大さを受け止め私の心のケアに専念してくれました。

彼にとっては思い出したくもない、過去の事であったと思いますが、
私が受けたDVのひとつひとつを全部、もう一度話してもらい
謝罪させて欲しいと言ってくれ、
私は自分が傷付き、うやむやにされた過去の事を全て話しました。
それはまるで傷付いたまま置いてけぼりにされた私を、
正しい場所へ戻してあげたような感覚でした。

STEPで彼はたくさんの事を学び忠実に実践しています。
私も月に一度妻が集う会に参加させて頂き学ばせて頂いています。
自分の心の回復と人間関係のあり方について学ぶ大切な場所です。

b0154492_1452535.jpg


電話相談・毎週金曜日、10時~16時迄、 045-227-7870
DV加害者更生プログラム専用窓口     080-5530-8047

by npo-step | 2012-12-10 10:16 |    はじめに

女性のDV加害者についてNHKの番組で取り上げられた事も有り、
女性加害者からの相談が多数寄せられてます。

そこで、ステップでは、女性専用のDV加害者更生プログラムを、
11月22日より、毎月第2・第4木曜日、午前10時~12時
始める事に致しました。

DV(ドメスティクバイオレンス)と聞くと、加害者は男性と思われがちですが、
実は2割ぐらいは、女性が加害者(逆DV)なのです。

男性がDVの被害を受けても、女性以上に報道されにくく、
相談もしにくいのが実状です。

暴力の原因は、もっと分かって欲しい、もっと愛して欲しい、
私だけを見ていて欲しい、などの願いから、来る人が多く、
男性の支配欲から来る暴力とは違うように思います。

その様な願いが実現されないと、その怒りの表し方が暴力となってしまうようです、
その裏には、父母からの虐待あるいは、
父親のDVを体験からの影響も多く見られます。

しかし、相談に来られたDV加害者の人達は、加害行為を行った後、
男性加害者より自責の念を深く持っている方々が多くおられます。
やめようと思っても、加害行為を繰り返してしまう。

このままでは家庭崩壊してしまう、何とか断ち切る方法を知りたい、
皆さん、切実に考えてます。
女性専用DV加害者更生プログラムは、その様な方々に答える活動を始めます、
全国で初めての取り組みかも知れません。
b0154492_21311294.jpg









電話相談・毎週金曜日、10時~16時迄、 045-227-7870
DV加害者更正プログラム専用窓口     080-5530-8047

by npo-step | 2012-11-10 21:33 |    はじめに

先日開かれた葛飾区の人権講座に対するアンケートが届きました。
アンケートの中に、そう思うだろうな・と思う意見が寄せられてました。

DV加害者プログラムの取り組みは大変素晴らしい。
しかし、私は人間そうそう変われるものでないと考えるので、
2人の男性が本当に変わったと言うのは信じられない、
更なる追跡調査が必要ではないだろうか、
DV加害者は変わらないというのが私の結論である。

もっともな意見だと思います。DVに関する書物を読むと、
一様にDV加害者は変わらないと書かれている。私もその様に考えてました。

人間の全行動を見ると、1.思考 2.感情 3.生理反応 4.行為がある。
このうち、思考と行為は、自分でコントロール出来るが、
感情と生理反応は、自分でコントロール出来ない。

DV行動は、この感情が抑えられなくて暴力を振るっている。
この感情を鎮めようと努力しているが中々出来ない
一時的に感情を鎮めようと我慢するが、
何か有ると又、再発して暴力に走ってしまう
そこでDVは治らないと、結論づけてしまう。

ステップでは、感情の裏に思考が有るので、
思考(考え方)を変える学びを行っている。

自分の歪んだ価値観、考え方に気づくと、感情(行動)が変わってくる。
そして結果として、DV行為そのものを行わなくなってくる。
しかし、人間の思考はそう簡単には変わらない。
ステップでは、思考を変えるカリキュラムを1年かけて行っている。
その結果、数ヶ月過ぎると少しずつ変化が見えてくる。

しかし、自分も悪いが、妻も悪いと言い続けている人は、
残念ですが、思考が変わらないので、行動も変わりません。

ステップに訪れてくる人は、今のままでは家庭が崩壊してしまう。
何とか自分を変えたいと真剣な思いで訪ねてきます。
自分がDV行為を行っていたと認めた人の回復は早いです。

私達は、DV加害者が変わっていく姿を目の当たりにして、
DV加害者は 「学べば変わる」 という言葉を
世の中に向かって発信して行きたいと考えております。
 Y.K

b0154492_1056393.jpg
by npo-step | 2012-11-09 09:23 |    はじめに

DV加害者更生プログラムに参加されれている方から、手記を頂きました。
本人から了解を頂きましたので、名前以外は原文のまま紹介致します。

私はDV加害者更生プログラムに参加して、考え方が変わってきたことが二つあります。

ひとつは面談の時に学ばせていただいた基本的欲求についてです。
私は妻を失うことにより、すべてを失ったようにずっと感じていました。
愛・所属、力、楽しみ、自由そして生存までも失ってしまった気がしていました。
すべて妻や家族に依存していたのですね。
自分で満たさなければいけない。
妻や家族がいなくても、自ら心を満たさなければいけない。
毎日の生活の中のひとこまひとこまの中でそれを意識するようになりました。
自ら心を満たさなければ
「僕はもう大丈夫だよ。帰っておいで。」とは妻には言えないことに気がつきました。

そしてもうひとつは、
前回のグループワークの「考え方と気分の関係」の中で学ばせていただいたことです。
私は、口論になると妻が家を出て行くのをある意味暴力だと感じていました。
自分の意見がとおらず腹をたて、私をシャットアウトする行動であり、妻が身重であったり、授乳の必要な赤ん坊を置いていくのは、私を心配させたり、困らせるための「ある意味暴力」ではないかと感じていました。
別の考え方はないだろうか?とか別の角度から考えることはできずにゆううつの度合いは100のままでした。

そして、プログラム参加者から
「出て行ったのは、奥さんの「自由」です。所有物だと思わないことです。出て行かれて困るというのもおかしい。一人でもできるはずです。」
そう意見されました。
ほかの二人の参加者からも同じように「なんとでもなりますよ。」と言われました。
目から鱗が落ちたような気分でした。
※そのとおりでした。
妻は家にいるのが当たり前、育児をするのが当たり前…
私は自分でも気がつかないうちに妻を拘束し所有物だと思っていたのです。
無意識だったと思います。しかしそこには私の妻に対する特権意識があったのです。

そして最後にファシリテーターから
「奥さんだって出ていきたかったはずがありません。身重でありながら家を出て行った奥さんの気持ちを思ってください。」
なんて私は愚かだったのだろうと思いました。
なんでそんなことに気がついてあげられなかったのだろう。
私は妻の行為だけしか見ていなかったのです。
その行為(自分をシャットアウトする。)だけに不満を感じ批判していたのです。
妻が身重であり精神的にも身体的にも不安定であったり、自分がおっぱいをあげなくてはいけない赤ん坊を置いてまでも、家を出て行くしか選択できなかった妻の気持ちを思ってあげるべきでした。
そして、そこまでさせてしまったのは自分であり、私には妻に対して傾聴し、受容する姿勢が足りなかったのだと反省しました。
愚かだったと思います。
その時の妻の気持ちを思うと申し訳なくて涙がでます。

現在、私は妻と暮らした日々の中で、※妻を苦しめた※間違いなく私の誤った行為はもちろんのこと、口論になったこと、不満に思ったことをすべて思い出そうとしています。
そこには必ず特権意識や自分を正当化する思いがあったはずです。
妻に対する不満や弱点ばかりに焦点をあてていた自分がいたはずです。
どんな些細なこともひとつ残さず思い出し、その時の間違いを見つけたいと思っています。
どういう意識を持ち、どう対応すればよかったのかひとつひとつ解決したいと思っています。
どうしても自分で解決できない時でもグループワークでファシリテーターや参加者の皆さんに相談して、必ず結果を出したいと思っています。



電話相談・毎週金曜日、10時~16時迄、 045-227-7870
DV加害者更正プログラム専用窓口     080-5530-8047


ステップは、神奈川県内で
DV加害者更正プログラム活動を行っている特定非営利活動法人です。

by npo-step | 2012-11-09 05:55 |    はじめに

DVを振るい続けていた奥様に逃げられた会社員のAさんが
DV加害者更正プログラムに見えました。

Aさんは、アルコールを浴びるほど飲み、ギャンブルが好きで、
毎日のようにパチンコに通ってました。

奥様には、ぶつ、蹴るの身体的暴力や、めすブタ、死ねなどと言葉の暴力を、
又、経済的には、酒とギャンブルにお金を注ぎ込んでいる状態でした。

その様な中で奥様に逃げられ、離婚を迫られました。
彼は自分が変わりたいと、DV加害者更正プログラムに通い初めました。

参加されたことにより、
DVによって、奥様に大きな傷を付けてしまったことに気づいて、
禁酒の会や、ギャンブル依存症を治す会にも参加し、

又、プログラムで習ったことを壁に貼って、自分を見つめ直してます。
そして毎日、メールや電話で奥様に今迄の行為を謝り続けてます。

奥様はその様な夫の変化に気づいて、もう一度やり直そうと考え始めました。
そして夫が通っているプログラムの被害者の会に参加、
夫が変わっていく様子を見つめながら、奥様も学び始めました。

それから4ヶ月後、考え方と行動が全く変わった夫を見て、
これなら大丈夫と奥様は夫の元に帰っていきました。

夫が通い始めて1年、今は新婚のようですと語っている奥様、
そればかりか、ここまで変わった夫を尊敬しています。

DVは変わらないと言われる方もおられますが、
Aさんを見てますと、人は考え方を変える事によって、
行動が変わっていく姿を見る事が出来ます。

夫は10月22日放送予定の、NHK「あさイチ」の取材に応じてますので、
この夫婦の歩みの変化を聞く事が出来ると思います。

(この内容はAさんの許可を頂いて書いてます)

b0154492_10172012.jpg










電話相談・毎週金曜日、10時~16時迄、 045-227-7870
DV加害者更正プログラム専用窓口     080-5530-8047


ステップは、神奈川県内で「DV加害者更正プログラム」活動を行っている
特定非営利活動法人です。
by npo-step | 2012-10-29 09:33 |    はじめに


DVをやめたい、予防したい男性・女性のための

DV加害者更正プログラムを行ってます。

ご希望な方はお申し込み下さい。お待ちしております。


b0154492_11272410.jpg

(写真はイメージです)

プログラムの特徴
★全52回のプログラムです。毎週2時間行った場合、約1年かかります。ご希望により続けて受けることもできます。
★治療やカウンセングではありません。価値観や考え方の間違いに気づき、行動を変えていくための教育プログラムです。
★カリフォルニア州認定のプログラムを応用しています。
★日本で2002年より実績のある、アウェアの研修を修了した女性ファシリテーターが、女性やDV被害者の代弁をします。ファシリテーターの助手として男性が入る場合もあります。

プログラムの対象者
★DVをやめたいと思っている男性で、重度の精神疾患やアルコール・薬物依存症のない方。
★また、ファシリテーターが直接パートナーと連絡を取る事を了承できる方。

プログラムの内容
★DV行動の大きな要因である、ジェンダーバイアス(社会に決めつけられた男らしさ・女らしさ)に気づいてやめていく学びをします。
★DV行動は犯罪であり人権侵害という意識を深めていきます。
★相手を自分の思い通りに動かすため手段として、自分自身がDVを選択してきたという事実に気づき、その責任を取る事を目指します。
★怒りや不愉快を感じた時には、DVではなく他の方法を使うことを学びます。
★選択理論心理学に基づき、人間の欲求充足の方法を考えます。

料 金
★加害者、面談・2回   5.000円/H/各回・2時間   
★被害者、面談・1回    5.000円/H/1回・2時間  (加害者にお支払い頂きます)      
★グループワーク      1.500円/H/1回・2時間  (1年にわたり毎週2時間)
★個人ワーク        2.000円/H/1回・2時間  (グループワークに参加出来ない方)
★夫婦面談         5.000円/H/1回・2時間  (必要に応じて)  
★電話相談          1.000円/1回       (通話料・自己負担、必要に応じて)        
★被害者の会         1.500円/H/1回・2時間   (月1回)  
★その他の被害者面談  2.500円/H/1回・2時間   (必要に応じて)

実 施 日
★プログラムは原則として毎週土又は日曜日に実施します。(女性専用プログロムは平日)
★参加希望する方は、プログラムの前に個人面談を3回受けていただきます。
★パートナーも面談を1回受けていただきます。

お問い合わせ
080-5530-8047 (DV加害者更正プログラム・専用)

(検索キーワード)
DV DV加害者 加害者更生プログラム DV加害者更生
by npo-step | 2012-09-20 11:27 |    はじめに