一年を振り返って、Sさん体験談

ステップのDV加害者更生プログラムに参加されたSさん、DVが原因で別居や妻から離婚を言われた時も有りました。Sさんが21回参加された時、妻から「あなたは変わったので、もうステップに行かなくても大丈夫です」と言われ、妻からも「行かなくても大丈夫です」とのご連絡を頂きましたので、ステップでの学びを終了いたしました。ご本人から体験談を頂きましたので、原文のままご紹介いたします。

(1)Profile
 【職業・年齢】 会社員(40代)
 【家族構成】 妻(40代)、長男(4)
 【結婚歴】 12年
 【DV歴】 11年
 【DV内容】 暴力、暴言、威嚇、無視、経済的ダメージ、器物損壊
 【STEP歴】 1年(2015.4~2016.3 全21回(※))
 ※半年経過後、妻の承認の下、月1回ペースに
 【同居/別居】 2015.3~4 別居 2016.5~ 同居
 
(2)主なDV内容
 ・約束反故(※)を理由とした暴力
  ※帰宅時間遅延、家事不徹底など
 ・人格を否定した数多くの暴言
 ・反論は認めず屈服・謝罪するまでの異常な詰問
 ・家事不徹底を理由とした小遣い減額
 ・大切な音楽CD破壊
 ・携帯電話を窓から外に投げ捨てる

(3)STEPを通うことになったきっかけ

 ・妻が子供を連れて実家へ戻ったこと
 ・自分が癇癪を起こし、子供の目の前で子供の玩具を蹴飛ばす
 ・妻に対しての数日間に及ぶ暴言、無視

(4)STEPを選択した理由
 ①自身の怒り行動の改善を客観的な視点からも妻に示す必要性があると考え、
  更生プログラムを思いつきネット検索
 ②加害者の8割が更生しているという事実

(5)STEPで学んだこと・気づき
 ①他人は変えられない、変えられるのは自分だけ
 →善行動・自責行動の結果、他者の考え・行動も変わり、結果、皆ハッピーに。
 ②リフレーミング(マイナス思考をプラス思考で考えることの癖付け)
 →究極、「自身の人間力の向上につなげる神からの贈り物」と考える。
 ③I message(アイメッセージ)
 →「○○すべき」から「○○してほしい」と変えるだけで受け取り方が変わる。
  また「アイ」は「私」以外に「愛」が含まれていると考えると
  よりわかりやすい。
 ④上質世界は人それぞれ異なること
 →上質世界と現実を比較することで、マイナス面が際立つ。
  相手の立場を思いやる。
 ⑤怒りは悲しみの仮面
 →悲しさをストレートに伝えれば問題に発展しない。
 ⑥他の参加者の数多くの振り返りコメント
 →自身の改善行動への気づきや転用につながる。
 (下記⑦~⑩は特に印象に残ったもの)
 ⑦盛り上がっているのは自分だけ
 →人は迷ったり、意見を変える。良かれと思って自身が行動したことが
  意見を変えたことにより、報われないからと言って、「前にこう言って
  いたじゃないか」などと、相手を責めるのは間違い。
  むしろそんな自分は客観的には滑稽であると知る。
 ⑧伝えたいことと伝えられていることにGAPの可能性
 →自分が伝えたいことが相手には伝わらず、
  最悪誤解を生じさせる可能性を考える。
  同様に相手も同じ。そう考えれば、「怒る」の選択肢には至らない。
 ⑨怒る理由に例外なし
 →どんなケースでも怒り以外の行動はある(リフレーミング)
  怒ってはこれまで積み上げた時間、自分の努力、
  相手からの信頼は全て無駄になる。
  換言すれば、怒らないことを続ければそれだけ自分の人間力につながる。
 ⑩悪事の償いは倍以上の良い影響を与えること
 →死に際に「あなたが夫で良かった」と言われるのがDV卒業。
 ⑪他の参加者の改善プロセスからの自身の夫婦関係の改善プロセスへの当て嵌め
 →妻が攻撃的になるのは改善への過渡期と気づく。
 ⑫疲れているとき、飲酒時、病気の時は言動に注意
 →習慣づく前は我慢している背景もあり、もめごとに発展しやすい
 ⑬妻の改善には時間がかかる
 →同居してくれている妻は歩み寄りという我慢を強いられている。
  まだ傷も癒えていない。言いたいことを言えるようになることが第一歩。

(6)改善に効果的と感じたこと
 ①怒りを他人にコントロールされない
 →怒りは自分が軽蔑している物事から引き起こされていることを認識したこと。
  結果、自身が軽蔑している物事に自身がコントロールされているという
  こと⇒自身が軽蔑している物事以下の存在になる⇒「恥」につながることを
  強く認識。そこからそうした物事に左右されず、大きな心を持って対応する
  ことが自身の人間力を高めることにつながると意識して行動。
 ②言葉遣いの改善
 →ex. 飯を食う→ご飯を食べる といったレベルから意識づけ、習慣づけるこ
  とから、普段の行動へも良い影響あり 相手への表情(笑顔)も大切
 ③我慢し過ぎない
 →改善の途上では有効だが、我慢は継続しない。相手の立場の配慮をした上で、
  アイメッセージで交渉することが良好な関係につながる
 ④妻との振り返り
 →STEPの前日夜の食事時に妻と振り返りを実施。妻から改善していると思る
  点、改善して欲しいと思う点、嫌に思ったことなどをフィードバックしても
  らった。自己評価はせず、あくまで評価は妻に委ねて、不足事項の改善に
  努めた。STEP終了後はその当日の夜に、学んだ事、気になったことを妻に
  フィードバック。(STEPで学んだことは妻の両親に毎回メールで報告)。
 ⑤妻との同居生活の時間
 →改善すべき相手との時間が必要。それを受け入れてくれた妻の度量に 最大限の
  感謝。
by npo-step | 2016-03-31 17:59 |   参加者・体験談、ほか