「モラハラの実態」放送予定

        放送は終了致しました
     
昨日(4月17日)、フジテレビの「モラハラの実態」についての取材に立ち会って来ました。
取材に応じて下さった夫婦は、結婚して20数年、より良い家庭を築くために、毎週休まず二人揃ってステップに通い続けてます。
この夫婦は結婚前、夫が怪我をして入院した時、妻がけなげに見舞いに来たことから結婚、平和な家庭生活を育んで来ました。
しかししばらくしてから、妻が「洗濯物をたたまない」という些細なことから、モラハラ(DV)が始まりました。
初めの頃は「早くかたずけろ」と言ってましたが、直ぐにかたずけない妻を見て爆発、家の中の物をひっくり返す、携帯電話を壊す、妻の肋骨を折る、警察も何回も出動する事態にまで発展。
そのような恐怖の中で、20数年経った今でも妻は「私は夫を愛してます」と語ってました。
一方夫は、自分の行為がモラハラ(DV)とは気づかないで、何とか自分の思い通りの妻にしたかった。ステップに通ってから、自分が「何と無駄なことをしていたのか」と気づいてきました。取材を通して「今でも妻は自分を愛し続けている」事がわかり、私も妻に酷いことをし続けてきたが、本当は私も「妻を愛してます」涙して語ってました。
取材を終えた後、隠しカメラが設置された自宅に戻った夫は、直ぐに妻の前で「申し訳なかったと」謝罪して和解しました。
妻は今回自宅での取材に応じたのは、夫に変わってほしい「元の家庭を取り戻したい」と切に願ってのことでした。私たちも加害者更生の働きを行ってて良かった、感じた時でした。
放送は、4月21日、火曜日
フジテレビ・とくだね
真相チョイス「直撃御免・モラハラの実態」
(朝9時前後・放送予定)
  (生番組につき、直前に放送日が変更される場合が有ります)

取材後記
今回の取材、隠しカメラをを設置したいと言われた時、やらせ番組のように思えるのでお断りしたのですが、夫の了解なしでは使わないとの条件で了承。取材終了後夫は笑いながら「使っても良いですよ」。ホッとした一幕が有りました。それにしても隠しカメラ、手の中に納まる位小さくてハイビジョン対応、すごい
by npo-step | 2015-04-18 07:26 |  これまでの活動