日本テレビ「スッキリ」の番組から

昨日(6月30日)に日本テレビ「スッキリ」の番組で、
多発するストーカー事件^の加害者対策が放送されましたので紹介します。

警察庁によるとストーカー事案の認知状況は去年は初めて2万件を突破した。
事件どう防ぐか、警察OB、弁護士、支援団体のそれぞれの意見を取材。
元神奈川県警・小川泰平は「必要な範囲で捜査員が行き来するような制度を作ったらいい」、
菊地幸夫弁護士は「重大なことが起きる前の段階である程度強制力を行使するということが必要」、
女性・人権支援センター「ステップ」・栗原加代美は「加害者側に対しては何の対策もほとんどしていないのが現状。強制的に国からの命令を法の中に入れていただきたい」とコメントした。

      (写真はテレビ画面より)
b0154492_754245.jpg

by npo-step | 2014-07-01 07:53 |  これまでの活動